コスパ重視のオーディオレビュー

比較的安価なコスパが良いオーディオ製品レビューをしていこうと思っています。

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 開放型ヘッドホン 購入 レビュー

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 ダイナミックオープンエア・ヘッドホン 購入 レビュー

使用していたMDR1Aがヘタれてきて、開放型ヘッドホンを使ってみたいという気持ちもあり、色々視聴してこのHD600を購入いたしました。40000円もあればお釣りが来るくらいの値段で買えると思います。僕の最初の開放型ヘッドホンとの出会いはあまり良くなく、ヨドバシのヘッドホンコーナーで試聴したんですけど、僕の手持ちのDAP(出力の低い)直挿しで聴いてあまりにも薄い音で「開放型もこんなもんか」と思っていましたが、どうやらヘッドホン自体かなりの出力が必要で、出力がそこそこ高いとされるZX300にMDR1A(32Ω)で聴いても迫力不足になりました。ようは、ポータブル機でヘッドホンを聴く事自体が間違いだと気付かされ、HD600の展示場には据え置き型のヘッドホンアンプが備えてあり、それで聴いてみると、あの薄い音は何だったのかと思う音質で購入に至りました。

勘違いや偏見でかなり遠回りな購入になりました。

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 ダイナミックオープンエア・ヘッドホン 購入 レビュー

箱の中に箱があるオーディオ製品あるある。

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 ダイナミックオープンエア・ヘッドホン 購入 レビュー

更にあけると、思った以上にシンプルな構成で入っていました。本体、ケーブル、保証書や注意書き以外のものはありませんでした。

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 ダイナミックオープンエア・ヘッドホン 購入 レビュー

開放型なので丸見え。メカメカしくて僕は好きです。

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 ダイナミックオープンエア・ヘッドホン 購入 レビュー

ここはダサいHD600のマークとマーブル柄。

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 ダイナミックオープンエア・ヘッドホン 購入 レビュー

ヘッドバンド上部にはゼンハイザーの文字。

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 ダイナミックオープンエア・ヘッドホン 購入 レビュー

頭が直接当たる部分はクッションになっており、柔らかく圧迫感もない。

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 ダイナミックオープンエア・ヘッドホン 購入 レビュー

初めてのベロア製耳あて。これは特に不満はないですが、汗を吸い込み臭くなりそうな予感!

【これさえあれば何もいらない】SENNHEISER ゼンハイザー HD600 ダイナミックオープンエア・ヘッドホン 購入 レビュー

MADE IN IRELAND。アイルランド製の品質がどんなものかは分かりませんが、この製品を見るからには問題なさそうです。

 

 音質について

やはり、密閉型との比較になってしまいますが圧倒的音場の広さですね。文字通りの開放感で密閉型では絶対に再現できないと思います。密閉型で有利が取れる低音についてはこれは好みの分かれるところではありますが、このヘッドホンはとても低音のバランスが良く、これ以上欲しいなら密閉型のヘッドホンか更に上位とされるHD650Sの購入を検討するのがいいかと思います。

特筆すべきはアコースティック楽器系。アコースティック楽器はヘッドホンやイヤホンでは比較的鳴らしやすい分類ですが、これで再生すると今まで聴いたことない音質を体感できます。音の広がり方が完璧でそれでいて解像度も高い。モニター的一面も持っています。視聴時には確認できずに買ってしまいましたが、基本的に僕はロック系の音源をまともに再生できない製品は基本的に買いません。アコースティック楽器に強い製品はロック系は鳴らせず潰れるパターンが多いですが、さすがゼンハイザー。完璧に鳴らせます。色んな音源をここまでハイレベルに鳴らせると本当に他には何も要らない気がしてきます。

完璧に思えるHD600ですが、問題点がないわけでもないです。

 

開放型の特有のデメリット

一番耳にするのは音漏れが凄まじいので日本にありがちなペラペラなお家ではヘッドホンといえども気になってしまいますよね。このヘッドホンも例に漏れずかなりの音漏れ具合です。ですが、デメリットはそれだけはありません。音が漏れるということは外の音も拾うのです。

エアコンや空気清浄機、はたまた外の騒音。特に静かな曲を聴く時には気になりやすいです。意外と聞こえるのでショックというよりはびっくりでした。

 

インピーダンス:300Ωについて

忘れがちな要素としてインピーダンスがあります。

スペックによく書かれているインピーダンスですが、このオームが高ければ高いほど音量が取りにくくなります。音量が取れにくくなるだけでなく、情報量そのものが減り冒頭に書いた薄っぺらい音になってしまいます。開放型のヘッドホンなので室内での使用だと思うので、かならずヘッドホンアンプを購入の上でこのヘッドホンを買うようにしてください。でないと絶対に後悔します。

今回のレビューを書くにあたってDA-100というヘッドホンを使用しましたが、試しにZX300での試聴もしてみましたが、ハイゲイン設定で音量ほぼマックスにしてまとも音量になりました。このハイゲイン設定はZX300本体にも高負荷がかかりますし、聴いてみた感じでは音量はとれていますがやはり情報不足感が否めず、僕としてはまともな据え置き型のヘッドホンアンプの用意をオススメします。

 

まとめ

音漏れや300Ωというハイインピーダンスなど気になる部分の多いヘッドホンですが、とても素直な綺麗な音を奏でるヘッドホンでした。装着感も良く、長時間のリスニングにも耐えれます。据え置きアンプの準備がライトユーザーには少しむずかしい問題ですが、それを乗り越えた先にはとても素晴らしい音が待っているのでオススメです。