コスパ重視のオーディオレビュー

比較的安価なコスパが良いオーディオ製品レビューをしていこうと思っています。

NAGAOKA VINON P609 購入レビュー

ナガオカ

NAGAOKA VINON P609 

 NAGAOKA ナガオカ VINON P609 イヤホン レビュー

タイプ:カナル型

リケーブル:不可

ケーブルタイプ:ストレート

リモコン:なし

ドライバー:6.8mm

インピーダンス:16Ω、再生周波数帯域:4-90000Hz、音圧感度:96db

ケーブル長さ:120cm

重量:16g

付属品:イヤーパッド(S/M/L)

 約6000円のナガオカのイヤホンです。

NAGAOKA ナガオカ VINON P609 イヤホン レビュー

NAGAOKA ナガオカ VINON P609 イヤホン レビュー

NAGAOKA ナガオカ VINON P609 イヤホン レビュー

NAGAOKA ナガオカ VINON P609 イヤホン レビュー

ヨドバシにて購入。ヨドバシの視聴スペースにひっそりと置いてあり、視聴してみたら気づくとレジに並んでおり、そのまま衝動買いしてしまいました。

 メーカーであるナガオカはニワカですので存じておらず、調べてみるとレコード針・カートリッジの販売を主にしているメーカーのようです。(レコードには一切手を出してないので知らないわけだ!)

 聴いてみた最初の印象は 高音がスゴイ(スゴイ)。かといって低音が全く出ていないということはなく、全部がバランスよく出ている。音の広がる感じをよく表現していて、これで6000円は安く感じます。音楽を楽しむならこれ一本だけでも十分の出来だと思います!良くないと感じた部分は、タッチノイズは服と擦れた時に結構感じる。あと、イヤホン本体下部に穴が開いてるせいか、少し音漏れする。常識の範囲内であれば電車内などでは音が漏れることはないだろうけど、心配性の僕は漏れていなくても気にしてしまいます・・・。もう一つは、少し分離感(解像度?)が足りないというところ。6000円のイヤホンに求めすぎかもしれないが、あと一歩足りない感を感じる。タッチノイズに関しては歩いてるくらいでは聞こえないのと、もし気になるようでしたら、掛け(耳掛け)をすればほぼ気にならないので、デメリットというデメリットは特になく、言いがかりレベルのものでしかないと思います。 あとはDAP(ウォークマン)をポケットに入れる時にストレートプラグだと根本が断線し易いので、個人的にプラグはL字型がいいのですが、みなさんはそうでもないのでしょうか?

 

文句をつらつらとかいてしまいましたが、イヤホン初心者の方が初めて買う少し高めのイヤホンならこれはとてつもなくオススメです。僕も断線するまではこのイヤホンを使うつもりです。ナガオカのイヤホンはもっと良い評価を得てもいいと思います。一万円以上のイヤホンでもこれ以下の商品は大量にあるので、試聴の大切さを毎回実感させられます。