コスパ重視のオーディオレビュー

比較的安価なコスパが良いオーディオ製品レビューをしていこうと思っています。

【初めてのリケーブル体験にオススメ】ソニー SONY MUC-S30UM1 [交換用ヘッドホンケーブル]リケーブル 購入レビュー

f:id:tsutsu9:20180311163914j:plain

MDR-1Aを更に高音質で楽しめるヘッドホンケーブル(標準プラグ)です。」

 

ヨドバシにて7430円(税込)で購入。

まず、見てほしい画像があるのでどうぞ。

f:id:tsutsu9:20180311164032j:plain

不格好過ぎやしません?

オーディオテクニカの変換プラグがどうこうとか音質がとかの前にこれはダサい。確かにポータブル用途としてL字型のプラグはとても優秀なんですが、家で使うとヘンテコな上に更に変換プラグを付けようものならもう目も当てられません。音質もあまりオーディオテクニカの安物という時点で怪しいものがあったのでこれを期に標準プラグのMDR-1A専用ケーブルの購入を決意したのだ。実はこのケーブル、1年程前に購入していて、その当時はケーブルで音が変わるということを一切信じていなかったので、音質向上目的というよりは3mの長さとビジュアル面での改善を目的として買った意味合いが強い。

 

まず、ケーブルを見ていきましょう。

f:id:tsutsu9:20180311163929j:plain

グランド分離というバランス接続とはまた違う技術を使用しているため、ヘッドホン側は4極仕様となっている。

f:id:tsutsu9:20180311163944j:plain

コタツに使用してるかのようなケーブル。高級ケーブルは布で覆われているタイプが多い印象。タッチノイズはほぼ皆無。

f:id:tsutsu9:20180311164001j:plain

標準プラグ側。特に気になるところは無し。作りはしっかりしている。

f:id:tsutsu9:20180311164015j:plain

SONYの文字。抜き差しし易いように持ちて部分が凸凹している。 

 

音質ですが、オーディオテクニカのAT501CSという変換プラグとMDR-1Aの付属ケーブルとの比較となっております。聴いてみると、とてもツヤっぽくなり、女性ボーカルの少しキツさがなくなりました。細かい所の表現力も上がり、ロック音源も潰されることはないです。

 

ハイレゾ音源の「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の「未来の破片」(flac 96kHz/24bit)での試聴でリケーブル前だと少しジャリつくところがありましたが、リケーブル後は余裕を持っての再生が出来ました。この音源はめちゃくちゃ再生難易度が高いのでリファレンスにとてもオススメです。(曲としてもカッコよくて最高です。)低音も前に出るようになり、高音とのメリハリがとても気持ちがいいです。

 

リケーブルという時点でコスパが悪く見えがちですが、高級ヘッドホンアンプはまず間違いなく標準プラグを採用している点や、3mという長さ、音質改善というメリットが豊富にあるので、購入を迷ってる方がいらしたら是非買って見ることをオススメします。